うつ夫とパニコの人生いろいろ

これは20代でうつ病になった夫とパニック障害になった妻の物語。ゆる~い四コマ漫画とともに人生いろいろな日々をお届けします。

うつ夫の悩み「気遣いって何だろう?」

「気遣い下手」

f:id:utsupani:20190701114646j:plain

f:id:utsupani:20190701114705j:plain

f:id:utsupani:20190701114726j:plain

f:id:utsupani:20190701114947j:plain

悩みの種は「気遣い」だ

私の夫(うつ夫)が、うつ病の闘病生活を卒業して、すでに5年ほどが経った。

 

うつ病は再発に要注意と言われるが、今のところ過度なうつ状態や発作に悩まされることなく、平穏に暮らせていることは幸いだ。

 

しかし、今も尚、日常のちょっとしたことの中に、うつ夫を悩ませる種が多々存在する。そのひとつが、コミュニケーションだ。

 

特に、四コマでも描いた通り、うつ夫は「気遣い」の在り方に悩みを抱えている。

どういう訳か、うつ夫の配慮は相手に全く気づかれないか、逆に怪訝な顔をされてしまうことが多いようだ。

 

「気遣い」とは、相手と通じ合って初めて成立する

パニコ的には、うつ夫は「気遣い」ができない人間ではない、と思っている。

 

むしろ、配慮のできる人間だと思う。10年ほど隣で見てきたからこそ言えるのだが、うつ夫は人より視野が広く、先を考えて行動するタイプなのだ。

 

しかし、その配慮が周りに理解されているかどうかは、別の話である(汗)「気遣い」とは、相手と通じ合って初めて成立するのだろう。

 

そう思うと、配慮していても理解されないうつ夫は「気遣い下手」なんだと思う(汗)

 

とはいえ、パニコも人のことは言えないほど「気遣い」が苦手だ。うつ夫やパニコのような内向的な人間にとって、「気遣い」はとても難しいものに感じてしまう。

 

 

そもそも「気遣い」とは、何だろうか?

どこかでこんな話を耳にしたことがある。

「気遣い」には、「向社会的気遣い」と「抑制的気遣い」の二種類があるのだと。


「向社会的気遣い」とは、相手のために何かする、といった積極的な働きかけのことだ。それに対し「抑制的気遣い」とは、相手の困るようなことはしない、といった抑制的な配慮のことである。(これはパニコ的な解釈だ)

 

 

さりげない配慮は気づかれにくい

パニコの分析によれば、うつ夫の「気遣い」は、後者の「抑制的気遣い」に属する場合がほとんどだ。

 

視野を広く持ち、先を考えて行動することができる彼だからこそ、誰かが困らないように、スムーズに事が運ぶように配慮しているのである。

 

しかし、当事者は自分の行動に100%意識が向いていることが多く、このようなさりげない配慮は気づかれにくい。

 

その結果、四コマのように「何この人?」という扱いになってしまうのである(泣)

 

 

「気遣い」は一方通行では不成立

さりげない配慮は、しばしば美徳と考えられることがあるが、さりげなさ過ぎて一方通行になってしまうのは、いかがなものか。

 お天道様はきっと観ていてくれている!とでも言うべきなのか。

 

もちろん、人知れず徳のある行動をすることはとても素晴らしいことなのだが、「気遣い」ができることが求められる社会のなかで、こうした配慮が埋もれてしまうのはなんだか残念な気がする。

 

やはり、「気遣い」を成立させるためには、相手に伝わることが大切なのだろう。

 

 

「気遣い」のキホン:気遣いとは、コミュニケーションの一部

ANAのCA三上ナナエさんの著書『「気遣い」のキホン』の中では、このように書かれていた。

「遣」という漢字は、「思いを伝える」「心をはたらかせる」という意味がある

 

 この著書は、パニコのお気に入りの一冊である。「気遣い」の在り方やコミュニケーションのコツが丁寧に、しかも分かりやすく解説されている。脱コミュ障を目指すパニコの愛読書である。

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

 

 

この本を読んで、「気遣い」は、ただの配慮とは違うのだ気づかされた。

「気遣い」とは、コミュニケーションの一部なのだ。独りよがりのものではなく、相手有りきのものである。

 

 

気遣いを成立させるためには

内向的な人間は、行動や思いを自己処理してしまいがちだ。しかし、伝わらなければ理解されないこともある。なぜなら、人はみんな価値観や視点が異なるからだ。

 

だからこそ、内向的な私たちがすべきことは、伝える努力なのだろう。その結果、相手に「伝わる」ことで一方通行を防ぎ、気遣いが成立するのではないか。

 

つまり、「気遣い」とは「相手に配慮が伝わる」ことだと、現在の私たちは考えている。

 

 

ご意見、求む。

それにしても、冒頭で描いた四コマのシチュエーションでは、どのような「気遣い」が正解だったのか?その答えを、未だに、うつ夫は考えているようだ。

 

些細な悩み(正直なところどうでもいいとも思ってしまうような悩み)ではあるが、うつ夫にとっては重要なことである。

 

どうか読者の皆さま、もし何かいい案があれば、うつ夫にご伝授願いたい。

 

 

「自分ってこんな風に見えていたんだ!」自分の知らない自分に気づく

「自分の知らない自分」

f:id:utsupani:20190627222545j:plain

f:id:utsupani:20190627222606j:plain

f:id:utsupani:20190627222641j:plain

f:id:utsupani:20190627222712j:plain

 

認知行動療法の一環として始めたブログ

このウツパニブログをはじめて、早くも1か月が経った。

あまりがんばり過ぎると、パニコは自滅することが分かっているので(汗)、書ける時に書くというスタンスで、のんびり続けて行こうと思っている。

 

このブログは自分たちの認知行動療法の一環として書き始めたのだが、どうやら我が夫(うつ夫)も、このブログを気に入ってくれているようだ。

 

本日の四コマで描いたエピソードは、つい最近の出来事である。うつ夫が、ニヤニヤとスマホを見つめていると思ったら、このブログを読んでいた(笑)

 

そして、パニコの描いた自分の姿を見て「おもしろい」と言っていたのだ。

 

これが、最近我が家でよく見かける風景である。

 

 「自分ってこんな風に見えていたんだ」

正直、このブログを書きはじめた当初は、うつ夫は嫌がるのではないかと思っていた。なぜなら、私たちのとても情けない姿や滑稽な様子を描くことになるのだから。

 

しかし、思いのほか、うつ夫は前向きにブログを読み、むしろ楽しみにしてくれているようだ。これには、パニコもとてもホッとしている。

 

そして、おもしろいなと思うのは、うつ夫が「自分ってこんな風に見えていたんだね~」と、新鮮そうにブログを見ていることだ。

 

やはり、パニコ目線で見るうつ夫と、うつ夫が自分で思っている自分の姿には、きっとギャップがあるのだろう。

 

人は、自分の外を見ることはできても、自分自身を見るのは苦手なものである。

 

 

ジョハリの窓~自分は知らないが他人は知っている自分

そう言えば、心理学でジョハリの窓というのがあるのを思い出した。

これは、自分を知るための4つの窓を示したものだ。

 

f:id:utsupani:20190628220836j:plain

 

ジョハリの窓によれば、自分の中の「自分は知らないが他人は知っている」部分を「盲点の窓」と言うそうだ。

 

うつ夫にとってこのブログは、ある意味「盲点の窓」を開くきっかけになっているのかもしれない。

 

「盲点の窓」が開くということは、「解放の窓」、すなわち「自分も他人も知っている」部分が広がっていく。自分のことが、より解るようになっていくのだ。

 

他人目線と自分目線のギャップ 

うつ病にまつわる様々な出来事は、当事者としては大ごとだし、必至だし、悲劇である。しかし、客観的に見れば、案外笑ってしまうような出来事の場合もある。

 

だから、うつ夫にとって、このブログで描かれている自分が、とても新鮮に感じるのだ。そして彼は、そのギャップを楽しんでいるらしい。

 

どうしても自分だけでは、自分の目線でしか見れなくなってしまい、アリ地獄にはまってしまうことだってある。そんな時、こうして他人の目を通してみることは、アリ地獄から抜け出すチャンスになるのかもしれない。

 

 「自分のことは自分がいちばん解っている」という思い込み

しかし、今でこそ、こうして他人目線の自分を「おもしろい」と思えるようになったが、昔はそうではなかったようだ。

 

うつ夫に聞けば、数年前なら「自分のことは自分がいちばん解っている」と思い込んでいたため、他人の声を受け入れられずにいたと言う。

 

なぜ、今は他人の声を受け入れられるようになったのか、うつ夫に聞いてみたところ「…わからない。また考えておくね。」とのこと。

 

パニコ的には、それだけ心が柔らかくなったのかなと感じるが、またうつ夫の回答が得られたら記事にしたいと思う。

 

 

 それにしても、自分で自分の全てを分かることができない人間は、本当に不思議である。人生とは、自分を知っていく歩みなのかもしれない。

 

 

うつ夫の名言「過去は変えられる!」

「過去は変えられる」

f:id:utsupani:20190624181542j:plain

f:id:utsupani:20190624181608j:plain

f:id:utsupani:20190624181641j:plain

f:id:utsupani:20190624181659j:plain

 

ずっとつらい記憶だった過去

これは、うつ病になった我が夫(うつ夫)が、服薬治療をはじめて6年ほど経ったころのエピソードである。少しずつ減薬が進み、快復に向かい始めたころ、彼の言った名言について紹介したいと思う。

 

前回の記事で紹介したように、うつ夫はフラッシュバックという症状にずっと悩まされていた。ちょっとしたコトをきっかけに、突然やってきて過去の嫌な記憶を蘇らせる「過去魔人」の脅威は、私も隣で何度も目にしてきた。

↓詳しくはこちらの記事を

utsupani.hatenablog.com

 うつ夫にとって過去の記憶は、ずっとつらく苦しい感情を伴うものだったのだ。

 

 

うつ夫の名言「過去が変わった!」

しかし、そんなうつ夫が、減薬が進み快復に向かう過程の中で、素晴らしい名言(とパニコは思っている)を残したのである。

 

その名言が

 

「過去が変わった!」

「過去は変えられる!」

 

という言葉だ。

 

過去とは、過ぎ去った出来事である。タイムスリップでもしない限り、過去なんて変えられないと思っていた。

 

でも実際はそうではなかった。

その出来事の見え方は、今の心の在り方次第で大きく変わるのだ。

大切なのは、何があったかではなく、その出来事をどう捉えるかなのかもしれない。

 

 

視野が広がると過去の見え方が変わる

うつ夫はフラッシュバックを繰り返しながらも、何度も自分の過去の記憶と向き合ってきた。その中で、それまで見えていなかった部分にも、少しずつ目が向けられるようになっていったのだろう。

 

否定的な言葉を受けた経験に対して、「つらかった」「傷ついた」の一点張りでは、そこから先には進まない。

 

でも、相手がそのような言動をとった背景や、その経験から自分が学んだことなど、違う視点に目を向けはじめると、その出来事の見え方が変わってくる。

 

私たち人間は、どうしても自分の色眼鏡(固定観念)を通して外の世界を見てしまう。そのため、別の視野を取り入れるのはすごく難しいことだ。

 

でも、その色眼鏡(固定観念)のせいで、自分を窮屈にしてしまうことだってある。

 

視野を広く持つことや、様々な視点で物事を観る力は、自分の心を解放し柔らかくするために、大切なことなのだと気づかされた。

 

マイナス評価からプラス評価へ!

うつ夫は、それまで自分の過去をマイナスで評価していたのだそうだ。しかし、今ではプラスの評価に変わったと言う。

 

これを聞いて、パニコは驚きもしたが、心の底からうれしさがこみ上げた。ずっと過去に引っぱられていたが、この時やっと前を向いて歩き出せるような気がしたのだ。

 

それから1年も経たないうちに、うつ夫は服薬治療を卒業することができたのだった。

 

精神疾患は心の在り方を考える機会に

それにしても、うつ病パニック障害などの精神疾患を経験することは、不幸ばかりではない。

 

うつ病は、心の風邪とも言われるが、風邪をひいてはじめて風邪のつらさや治し方を知るように、うつ病もそれを経験することによって初めて気づけることもあるのだ。

 

経験しなければ考えもしなかったであろう、人の心の在り方について考える機会を、私たちに与えてくれた。

 

そして、うつ夫は度々このようなイイ言葉(名言)を残すのだ。だてにうつ病を経験していないなと、パニコは思うのである(笑)

それだけ、自分の心と向き合ってきた証拠なのだろう。

 

 

突然やってくる過去魔人!フラッシュバック~うつ病の症状

「フラッシュバック」

f:id:utsupani:20190622203845j:plain

f:id:utsupani:20190622203905j:plain

f:id:utsupani:20190622203928j:plain

f:id:utsupani:20190622203949j:plain

 

うつ病とフラッシュバック

さて、再びうつ夫の話に戻そう。

うつ夫は、20代でうつ病を発症し、その後7年程薬で治療をしていた。その頃、悩まされていた症状の一つとして「フラッシュバック」というのがある。

 

それは、過去のトラウマ体験の記憶が、突然鮮明に脳裏に蘇ってしまう症状のことだ。

 

パニコがうつ夫と出会ったのは、まだうつ夫が治療中の頃だった。当時は、うつ病がどのようなものかも知らなかったのだが、この「フラッシュバック」を理解するのも、とても苦労した。

 

パニコの頭の中は、嫌な思い出は記憶から消去する、という風に都合よくできている。だから、なぜそんなに過去に囚われてしまうのか不思議でしかなかった。

 

パニコ的には「そんな嫌なこと忘れちゃえばいいのに」と思ってしまうが、そう都合よくはいかないらしい。

 

 

否定的な言葉や態度が引き金に

うつ夫の場合、四コマで描いたように「うそだ」とか「ダメだ」とか、そういった否定的な言葉や態度によって「フラッシュバック」を引き起こすことが多い。

 

特に悪意もなく、何気なく言った言葉や態度であっても、彼の記憶を刺激してしまうこともあるのが厄介なところだ。

 

蘇るのは、何か一つ特定の出来事ではなく、過去の否定されたトラウマ体験が、走馬灯のように次々と思い出されるのだそうだ。

 

その時のうつ夫は、どこか違う世界に行ってしまっているような目をしていた。普段は穏やかなうつ夫が、まるで別人のような表情になるため、最初はとても驚いた。

 

 

圧倒的吸引力「過去魔人」の威力 

一度フラッシュバックが起こってしまうと、なかなかその記憶から離れられなくなる。

 

その引力は、ダイソンの掃除機と並ぶ圧倒的吸引力だ(笑)

 

そのため、パニコは、このフラッシュバックを「過去魔人」と呼んでいる。突然にやってきて一気にうつ夫の心を奪い去っていく、強烈な威力なのだ(汗)

 

 

心に傷が癒えないままに

なぜ、フラッシュバックが起こるのか。

 

その理由は分からないが、

 彼の中で、否定されること、誤解されること、そのような体験が心に傷をつくり、その傷が癒えないままに積み重なってしまっていたことは確かだろう。

 

記憶とは、本当に不思議なものだ。

うつ夫のフラッシュバックをそばで経験し、記憶が時には、このような大きな力を持つこともあるのだと思い知らされた。

 

 

過去が変わった!

今でも尚、過去の記憶に引っぱられてしまうことはあるが、以前と比べて随分と自分で整理できるようになったようだ。

 

それは、地道に自分自身と向き合ってきた、うつ夫の努力の結果である。

 

本来なら、嫌な記憶からは逃げたいはずだ。しかし、どんなに逃げたくても、「過去魔人」は突然やってきてしまう。だったら、「過去魔人」とつき合う他ないのだ。

 

フラッシュバックが起こるたびに、内省を繰り返してきた。うつ夫が話せる時は、パニコも話を聞くようにしてきた。(話を聞くことぐらいしかできないのだが…)

 

そして、ある時うつ夫が「過去が変わった!」という名言を発したことがある。これについては、また機会があればシェアしたいと思う。(長くなりそうなので)

 

完全には癒えないかもしれないが、少しずつ心の傷が癒されてきている証拠かなと、パニコは感じている。

 

 

パニックになりやすい人ってどんな人?⑤~人見知り

「コミュ障」

f:id:utsupani:20190619200608j:plain

f:id:utsupani:20190619200633j:plain

f:id:utsupani:20190619200656j:plain

f:id:utsupani:20190619200717j:plain

 

「人見知り」とパニック障害 

パニック障害になりやすい人の特徴として、「人見知り」もよく挙げられているが、パニコも、まさに「人見知り」である。

 

幼少期から母親の陰に隠れているような子どもで、周りからは「おとなしい子」と言われていた。自己主張をするのも、とにかく苦手である。

 

大人になればきっと治るものだと思っていたのだが、全く治る気配がない。(泣)

 

なので、できるだけ懇親会や飲み会のような、人が集まる場には行きたくないというのがが本音だ。

 

でもやはり、誘ってもらうとうれしいし断れないという性格もあり、また、全く顔を出さないのも孤立してしまう…という不安もあるため、時には参加してみる。

 

だが、その度に上手く会話に入れないまま、撃沈して帰宅するのである。(汗)

 

調べてみると、どうやらこれを「コミュ障」というらしい。

 

気を遣いすぎて気が利かない

人の集まりに参加している間は、穏やかそうなフリをしていても、心の中は全く穏やかではない。

 

手持ち無沙汰にならないように、ちまちまと食べ物や飲み物を口にしながら、話を聞いている風なのだが、頭の中では何を言おうか、どう振る舞うべきか、考えまくっているのだ。

 

気を遣いすぎて、全く気が利かない状態に陥っている。(笑)

 

そして、ほぼ最後まで喋らないということもざらにある。この間ずっと緊張状態にあるので、帰宅すると一気にダウンしてしまう。

 

「思っていること」を「言葉にする」のが苦手

会話に入れない理由は、もともと話をするのが苦手というのもあるが、他にもテンポが速い会話が苦手だったり、ウワサ話やグチが苦手だったり、ということも考えられる。

 

そして、最大の理由は人にどう思われてるかを気にしすぎてしまうためだ。そのため、「思っていること」を「言葉にする」には時間がかかる。

 

コミュニケーション能力の高い人は、「思っていること」を「言葉にする」のが上手なのだろう。(もちろんコミュニケーション能力はそればかりではないが)これは、「コミュ障」のパニコからすれば、本当にスゴイ能力である。

 

 言いたいことをスッと言葉で表現できたら、どんなに楽しいだろう。

 もっと、心からおしゃべりを楽しめるようになれたら、人生も変わりそうだと思うが、こればっかりはなかなか難しい。

 

脱「コミュ障」には、まだまだ時間がかかりそうだ。(汗)